マンション大規模修繕工事を行うにあたって重要なポイントとは?

Site Map

青空とマンション

防水工事が重要なマンション大規模修繕工事

高所作業

マンション大規模修繕工事の中でも重要な工事が、建物を守るための防水工事です。防水工事を行う個所は、バルコニーや屋上、廊下、外部階段などになります。
バルコニー防水工事には、ウレタン塗膜防水工法と塩ビシートを貼り付ける工法があります。ウレタン塗膜防水工法は価格を抑えることができますが、美観を重視するために、床面に塩ビシートを貼る工法が人気です。排水溝や立ち上がりには、ウレタン塗膜防水の複合防水を採用する傾向があります。バルコニー内の工事では、安全に工事を行うためにも足場が必要です。
屋上防水工事は、劣化しやすい場所なので、早期に工法・改修材料の検討を行います。特に屋上防水層の劣化は漏水を招く恐れがあります。劣化状況と予算を考慮しながら、工事計画を進めていきます。撤去工法やかぶせ工法があります。劣化状況を確認しながら、適切な工法を選ぶことが大切です。
廊下防水工事は、防水性能を重視しながら、マンション共用部のデザインも考慮しなければなりません。配色や模様の選択肢が豊富なため、塩化ビニル樹脂シートを貼り付ける工法が採用される傾向があります。
マンション大規模修繕工事では、防水機能の向上を考えながら、美観を維持できる工夫が必要です。専門業者へ依頼して、マンションの景観も重視した工事を行うのがおすすめです。

Choices Contents

TOPへ