マンション大規模修繕工事を行うにあたって重要なポイントとは?

Site Map

青空とマンション

マンション大規模修繕工事は建物の状態に合わせた工事が必要

大きなマンション

マンション大規模修繕工事が始まるときは、最初に行うことがあります。共通仮設物の設置と足場の設置です。
共通仮設物の設置は、マンションは大きな建物であるため修繕工事は長期化します。工事中の作業を効率よくこなせるように、現場事務所や作業員休憩所、資材倉庫、仮設トイレ、手洗い場、廃材コンテナなどを設置します。そして、現場事務所には机や電話、コピー機、パソコン等の備品を搬入し、事務作業を行えるようにします。
足場の設置は、外壁やベランダなどの工事を安全に行えます。建物外周に鋼製の枠組足場などを設置し、足場の外周はメッシュシートで覆います。塗料等の飛散を防ぎます。
マンション大規模修繕工事は、下地補修工事から行います。
タイル浮き補修工事は、事前に調査を行っているので、タイル浮きが出ている箇所に接着剤を充填して固定します。タイル貼り替え工事は、貼り替える前に剥がれを防ぐために超高圧洗浄等で目荒ししておきます。ひび割れ補修工事は、割れた箇所にセメント材を充填して修復したり、割れ部分にシーリング材を充填して修復します。鉄筋爆裂補修工事は、脆弱化したコンクリート・鉄筋の錆を除去する必要があります。鉄筋に防錆剤を塗布し、樹脂モルタルで埋め戻しを行います。
マンション大規模修繕工事は、建物の状態に合わせた工事が必要です。信頼できる専門業者へ依頼すると、建物の状態に合わせた長持ちする工事を行ってくれます。

Choices Contents

TOPへ