マンション大規模修繕工事を行うにあたって重要なポイントとは?

Site Map

青空とマンション

マンション大規模修繕工事のための資金調達方法

大規模な修繕工事

マンション大規模修繕工事を進める際は、見積書を参考にして工事や予算を決定します。しかし、必要となるおおよその予算に対して資金不足分の時は、まず施工範囲を縮小したり、仕様変更を検討します。それでも、資金不足になることがあります。マンション大規模修繕工事のための資金調達方法は、住宅金融支援機構からの借り入れ・約1年の短期間で特別積立をする・工事の延期のを検討し、2年ほど延期して積立金を貯める・一時金の支払として各戸不足金額分を徴収などがあります。工事を長期間延期してしまうと、その分建物の老朽化が進んでしまいます。工事費用がもっと高くなる可能性があるので注意が必要です。このような場合は、総会の承認が必要になります。理事会の一任で行えるように、総会を開いて承認してもらうのがおすすめです。
資金のめどが立ってから、専門業者へ依頼することになります。そして、工事が始まる前には必ず居住者を対象とした説明会を開催します。現場代理人より工事を行う施工範囲や仕様、居住者の安全上の注意点などの説明のがあります。施工業者とのコミュニケーションを行い、施工業者と居住者がお互いの理解を深めていきます。より良い工事を行うための大切な説明会になります。

Choices Contents

TOPへ