マンション大規模修繕工事を行うにあたって重要なポイントとは?

Site Map

青空とマンション

建物の素材を確かめながら行うマンション大規模修繕工事

はがれた壁

マンション大規模修繕工事では、重要な工事がたくさんあります。専門業者へ依頼すると、手順に従って工事を進めてくれます。
躯体目地・サッシ廻りのシーリング工事は、シーリング材の打ち替えを行います。窓や扉の枠周辺などには、ゴム状のシーリング材が充填されています。劣化しているこの部分の打ち替えを行います。塗装面やタイル面など、それぞれの基盤に適したシーリング材を選びます。この選定が建物の品質を高めます。
高圧洗浄工事を行います。長い年月でこびりついた汚れを洗い流すためです。水を高圧で噴出させて、水の力で外壁表面に付着した汚れや藻、脆弱塗膜を除去していきます。外壁タイル面に酷い汚れがある場合は、水だけでは難しいので薬品を併用することもあります。
下準備が終わったら塗装工事を行います。鉄部塗装工事は、鉄製部材に錆止め塗装や上塗りをします。錆や腐食があると、建物の強度が弱まります。そのため、錆や腐食の進行を遅らせる必要が出てきます。塗装前にはサンドペーパーや工具による目荒らしをしたり、風雑な箇所は手工具で入念に目荒らしを行います。
外壁塗装工事は、建物の美観の向上と、躯体コンクリートの保護を目的に行います。場所や素材に合わせて塗料を使い分けます。マンション大規模修繕工事は、建物に欠かせない工事です。建物の素材を確かめながら工事を進めていきます。

Choices Contents

TOPへ